バストアップをするために大事なこと

バストアップをするために大事なこと

 

バストが小さいことを悩んでいる女性は少なくありません。そのため、バストアップをするための体操や運動などの方法やサプリメントなどが巷には溢れています。

 

しかし、どれだけバストアップするためにいいことをしていても、根本的な面を改善しなければ思ったような効果を得ることは出来ません。

 

効率よくバストアップするために大事なことはホルモンバランスです。

 

特に胸の成長には女性ホルモンの分泌が大きく関わっているため、バストアップをするためには必ず女性ホルモンの分泌を促していく必要があります。

 

そのため、胸の成長を促すにはホルモンバランスを整えるための生活改善が必要となります。

 

そこでまず見直したいのが食生活です。出来るだけ、女性ホルモンを活性化させる効果のある食材を日頃から摂取するように心掛けましょう。

 

またストレスの多い生活はホルモンバランスの乱れをまねくもととなりますので、規則正しい生活を送ることも重要です。

 

バストアップをするためには、このようなことに気をつけながら体操や運動、サプリメントの摂取などを行うようにしましょう。

 

二の腕の脂肪でバストアップ

 

バストアップ法として本当?と疑いたくなる、でも効果抜群なのが二の腕の脂肪をバストで移動させてバストアップする方法です。

 

やり方は、まず二の腕の脂肪をもみほぐして柔らかくしていきます。1分くらいで十分ですが、このときのコツは、脂肪が細かくなっていくことをイメージしながらもみほぐすことです。

 

次にもみほぐされて細かくなった二の腕の脂肪をバストに移動させます。脂肪が移動するのかと思うかもしれませんが、脇の下にはリンパが通っています。このリンパを通って、二の腕の脂肪をバストに移動させるわけです。

 

そのやり方は、手のひらを使って、ゆっくり押し出すように移動させていきます。リンパマッサージをするよう感覚で、ワキの下を優しく刺激しながらすると効果的です。

 

実際にこの方法でAカップだった女性がCカップになったという人もいるようです。

 

このバストアップ法は、年齢に関係なくできるということですが、二の腕に脂肪があまりついていない若い女性より、中年女性のほうが効果があるかもしれませんね。

 

バストアップに効果的で簡単なマッサージのやり方

 

バストアップの方法はいろいろありますが、一番効果が出やすいやり方はマッサージです。さらに比較的簡単なので空いた時間に気軽にすることができます。

 

まず初めに両方の乳房を線で結んだ時の丁度真ん中にだん中と呼ばれるツボがあるのでここを刺激します。

 

親指で徐々に力を入れながら押していき、3秒ほど押さえたらゆっくり力を抜くような感覚で指を離します。

 

これを大体3回くらいを目安に行うと良いでしょう。またマッサージ方法は数多くありますが、こちらでもバストアップラボのマッサージ方法を解説していますので参考にしてみて下さい。

 

次にマッサージを行いますが、この際にバストアップ効果のあるクリームやローションなどを使うとより効果が期待できます。

 

持っていない方はわざわざ買わなくてもバストアップ効果が期待できますが、肌に刺激を与える場合もあるので入浴の際に、ボディソープなども利用して行うと良いでしょう。

 

まず左手で右の胸を下から持ち上げて1秒に2〜3回ほど揺らします。これを20〜30回ほど行ってください。右の胸も同様に行います。

 

次に手の平で左胸の上がら右胸の下に手を滑らすような感覚で移動させます。そこから右胸の上に移動して左胸の下に手を移動させます。これを5回ほど行って終了です。

 

すぐに効果がでるやり方ではありませんが、焦らず行いましょう。